会社概要

近賢織物有限会社のこと

近賢織物有限会社の
創業は万延元年(1860年)。
上杉の城下町山形県米沢市で
呉服の反物生地を製織しています。
上杉神社近くで機を織り続けて
100年以上になりました。

旧通名は馬場町(ばばのちょう)といいます。
住宅地には珍しく、道幅が広い通りです。
その名の通り、昔は馬の練習場であったと
いわれています。

屋号は
宝来屋

ロゴマークにあらわされた宝の模様は
屋号の「宝来屋」(ほうらいや)から由来しています。
長い間、男性の角帯を主に製織していました。
帯封に「宝来織」(ほうらいおり)と
表したのが始まりです。
縁起の良い名前をご愛顧頂き
「宝来屋さん」とも呼ばれていました。

赤い屋根の
織物工場

先代の四代目社長が
昭和30年代に建てた工場は
急こう配の赤い屋根です。
三棟が続いています。

屋根の上に、ギザギザが出ているのは
作業をしやすいように
自然光を取り込む為のものです。
また、雪深い米沢の冬で
屋根の雪下ろしをしないで済むよう
急こう配に建てられました。
自然に雪が落ちてくる構造です。

昭和初期の
シャトル
織機

昭和初期に製造された
きもの製織用のシャトル織機は
いまはもう製造されていません。
動力織機ではありますが
メンテナンスにメンテナンスを重ねて
質の良い反物を製織しています。

希少な織機で織り上げられる
ぬくもりのある生地が特徴です。

五代目社長 近藤哲夫は
その設備を大切に活かしながら
「現代に生きる布」を
製作してまいります。

ご挨拶

こんけんを世界へ!
仕事を通して幸せを実現しよう

どこまでも続く深い雪に覆われる冬
すがすがしい緑の若葉につつまれる春
青い青い空に入道雲が広がる夏
野山が赤に燃える秋

豊かな自然に抱かれた、日本最北の織物産地 米沢
技術職人の心意気と 大自然から生まれる四季おりおりの色を大切に
日本人の心の源流に語り続けたいと願っています。

五代目 近藤哲夫

会社概要

会社名
近賢織物有限会社
所在地
〒992-0038 山形県米沢市城南3-1-48
TEL
0238-23-0775
FAX
0238-22-0018

アクセス

〒992-0038
山形県米沢市城南3-1-48
tel.0238-23-0775

PAGE TOP